スマフォ通信費圧縮

在宅勤務生活も3年目となり、外出してスマフォを使う機会がほとんど無くなった。
自宅でWi-Fiの使用が主となりモバイルデータ通信を常時offにしている状態なので、いっそと思い立ちもっと基本料金の安いキャリアに乗り換えた。
以下、乗り換え結果

料金比較

乗り換え前:NifMo(docomo)
ユニバーサルサービス/電話リレーサービス
NifMo 音声通話対応タイプ
NifMo 3GBプラン
月額基本料金計

乗り換え後:日本通信SIM(docomo)
初期手数料
月額基本料金

金額(税抜)
3円
700円
900円
1,603円

金額(税込)
3,300円
293円

プラン比較

乗り換え前:NifMo(docomo)
音声通話+SMS+データ通信3GB
国内通話料 20円(税込 22円)/30秒
送信:3円~30円(税込 3円~33円)/通 / 受信:無料

乗り換え後:日本通信SIM(docomo)
音声通話+SMS+データ通信1GB
国内通話料 11円/30秒
送信:3円~33円/通 / 受信:無料
※データ通信1GBを越える場合は別途オプションで増量

総評

  • 月額料金1,310円↓ダウン
    初期手数料は三ヶ月程度で回収可能
  • データ通信量上限は減る3GB → 1GB
    Wi-Fi使用がメインなので問題なし
  • 通話料はダウン 22円 → 11円

日本通信SIMのWEB(https://www.nihontsushin.com/index.html)で申し込み、その翌々日にはSIMの発送、更にその翌日にSIM到着、開通と、申込みから2〜3日後には使用可能になるので、これは早い。
初期手数料は三ヶ月使用すればペイできる。
データ通信の上限はオプションで増量できる、1GB追加で+220円、3GBにしても730円になるので、NifMoの900円に比べれば安い。
こう改めて考えると、経営が心配になるくらい日本通信SIMが安い。
NifMoを契約した頃はMVNOが走りの頃で、この料金でも安い方だったが、時が経ち格安SIMが乱立すると、流石に霞んでしまう。

電話番号変更

NifMoの契約の問題があり、MNPを利用できなかった。そのためあちこちへ番号変更することになった。SMS認証のために番号を変更した先は次の通り。
Google/Yahoo!/Facebook/Twitter/PayPal/eBay/amazon/PayPay/メルカリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。