非対応機種にWindows11をインストールする

本来、必須要件を満たしていないとWindows11への更新ができない
更新できない理由は大体以下の通り

  • CPU が対象外
  • TPM2.0 に非対応
  • UEFI セキュアブートを有効にできない
  • 搭載メモリが少ない

今回はこれらのチェッを回避して、非対応機種でも無理やりWindows11へ更新してしまおうというものである

※注意

この方法は当然ながら、動作保証などは一切受けられない。また、当方も一切保証しない
この方法の実行や実行後の継続使用は自己責任で行っていただきたい

isoをダウンロードする

”Windows 11 isoダウンロード”で検索し、MicrosoftのサイトからWindows 11 のisoイメージをダウンロードする

レジストリを変更する

  • スタートメニューをクリックし、メニューが開いている状態で regedit とタイプする
  • メニューにレジストリエディターが現れるので、右クリックして「管理者として実行」する
  • レジストリを「HKEY_LOCAL_MACHINE」「SYSTEM」「Setup」「MoSetup」の順に手繰っていく
  • レジストリキーの「MoSetup」内で右クリックし、「新規作成」「DWORD(32ビット)値」をクリックする
  • 名前を「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」に変更する
  • 作成した「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」を右クリックして「修正」する
  • 値を 0 から 1 に変更する

isoをマウントする

ダウンロードしたWindows11のisoイメージをマウントする

インストールする

  • マウントしたisoイメージがドライブとして自動で開く
  • setupを実行してインストールを開始する
  • 途中「最小要件を満たしていないが進めて良いか?」みたいに事を聞かれる、これは「承認する」で進める
  • いい感じに最小要件が回避され、インストールできる

Windows11起動

インストール終了後再起動を 何度か繰り返した後、Windows11が起動する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。