テレワーク#2

政府から緊急事態宣言が出されて一週間となった。そして、テレワークを始めて一週間になった。この一週間をざっと振り返る。

4月7日(火)

夕刻、政府から緊急事態宣言が出される。と間髪入れず翌日からのテレワーク命令が社内を駆け巡る。と同時に、各チームのPMが非常呼集される。
PMが戻ってくるなり明日から全員出勤停止、テレワーク準備に取りかかれとの司令。早速にシンクライアントPC持ち出しの申請、VPNアカウント申請、諸々必要な申請を行う。一部は承認後の追加申請が必要とのことで、翌日持ち越し。時差通勤は必要であろうということで、チーム内で11:00出勤を示し合わせ、定時退勤。
帰宅後、物置にしていた部屋を仕事部屋にすべく大慌てで片付ける。その後、液晶モニタ、オフィスチェア、オフィスデスクを注文する。

4月8日(水)

11:00出社、昨日の申請の承認が下りていることを確認し、追加申請。直後に承認のレスポンス。その場でスマホでテザリングしてVPN接続をテストする。良好。
PMが全員分の接続確認をすると、その場で解散。13:00退勤。
帰宅後、昨晩片付けた部屋のローチェストにシンクライアントPCを設置し、アジト(仮)とする。義理立てして一応18:00まで仕事をする。しかしやりにくい。早くデスクが欲しい。

4月9日(木)

7:00起床、自宅周辺を一時間弱の散歩。運動不足とならないように日課とした。
9:00仕事開始。スマホのラジオアプリを聴きながら仕事をする。出社しているより、気楽で良い感じである。
しかしPCのレスポンスが悪く、Outlook、Word、Excelとタスク切り替えの度に固まる。仕事にならない。
午後になっても改善しない。まいった、全く仕事が進まない。これがこのまま続くのか。
そうこうしているうちに、注文していたオフィスチェア、液晶モニタが到着する。デスクはまだ。デスクが真っ先に来てほしかった。
かろうじて18:00まで仕事をするが、明日もこの状態なのか、気が重い。しかしそれでも残業はしない。きっぱり始めてさっぱり終わらせる。仕事を終了したら、仕事部屋に入らない。そう決めた。
ふとキャンプ用の簡易テーブルがあったのを思い出し、引っ張り出してくる。就業環境が幾分かマシになった。

4月10日(金)

7:00起床、日課の散歩、のち、9:00仕事開始。
昨日よりはレスポンスが良くなってはいるが、タスク切り替えはAlt+Tabよりもタスクバーをクリックしたほうがマシ、程度のレベル。仕事の進みは遅い。
仕方なく仕事をしていると、同僚から電話が入る。「仕事してる?いや〜、掃除とか始めちゃってさぁ」何かと思えば、他愛のない雑談。どうやら慣れないテレワークに早々に飽きたらしい。
午後、オフィスデスクが到着する。ようやくアジト(完成体)となった。
18:00仕事終了。

4月11日(土)12日(日)

テレワークを始めての最初の終末。と言っても特段やることはない。必要な急用はないので、日課の散歩を済ませ、のち、家でダラダラ過ごす。
仕事部屋には一歩も入らない。これ重要。
いつでも仕事ができる環境なだけに、オンオフのメリハリはきちんとつけたい。

4月13日(月)

6:30起床、日課の散歩、のち、9:00仕事開始。
PCのレスポンスも良くなり、出社しているときとそれほど変わらない感じとなった。
みんなテレワークに慣れてきたのか、朝からメールやらチャットやら活発になった。
職場では寡黙でほとんど話さない人が、メールやらチャットやらでバンバン発言してくる。これには驚いた。
しかし午後になると、全体の発言がぱったりと止み、静かになった。その中で黙々と仕事をこなす。
この日は試しにZoomでテレワークの様子を配信してみた。よい気分転換になった。しばらく続けたい。
18:00終了。

4月14日(火)

6:30起床、日課の散歩、のち、9:00仕事開始。
メールで、チャットで、活発に意見を交わすようにはなってきたものの、音声&映像でのコミュニケーションの必要性が高まってきた。そろそろドキュメントレビューも溜まってきたので、進めたいところ。
さしあたってLINEが有力候補となった。LINEはやっていなかったため、慌てて登録した。
そして午後からまた静かとなり、黙々と仕事をこなす。
18:00終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。